メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒沢牧場

「やさしい牛乳」で復活 20年ぶり販売 生き残り懸け独自商品 /和歌山

一年中放牧されているホルスタイン種の乳牛=和歌山県海南市上谷の黒沢牧場で、稲生陽撮影

 山中の立地を生かし、乳牛を一年中放牧する全国でも珍しい「周年放牧」に取り組む農事組合法人「黒沢牧場」(海南市上谷)が今春、かつて一升瓶で限定販売していたオリジナル牛乳を約20年ぶりに復活させた。容器を流通に適した小さなプラスチック瓶に変え、牧場以外に和歌山マリーナシティ(和歌山市)でも販売を開始。牛乳の消費減で、県内でも酪農家が次々と廃業する中、固定ファンの開拓を目指す。【稲生陽】

 農林水産省の統計調査によると、県内の生乳生産量は年間5000トン前後で長年、全国最下位が続く。牧場…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 東京メトロ東西線 一時運転見合わせ 行徳駅で人身事故
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 特集ワイド 家事・育児が苦手な母親、精神的DV受けるケースも 原因は発達障害?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです