メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒沢牧場

「やさしい牛乳」で復活 20年ぶり販売 生き残り懸け独自商品 /和歌山

一年中放牧されているホルスタイン種の乳牛=和歌山県海南市上谷の黒沢牧場で、稲生陽撮影

 山中の立地を生かし、乳牛を一年中放牧する全国でも珍しい「周年放牧」に取り組む農事組合法人「黒沢牧場」(海南市上谷)が今春、かつて一升瓶で限定販売していたオリジナル牛乳を約20年ぶりに復活させた。容器を流通に適した小さなプラスチック瓶に変え、牧場以外に和歌山マリーナシティ(和歌山市)でも販売を開始。牛乳の消費減で、県内でも酪農家が次々と廃業する中、固定ファンの開拓を目指す。【稲生陽】

 農林水産省の統計調査によると、県内の生乳生産量は年間5000トン前後で長年、全国最下位が続く。牧場…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文978文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]