メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 秋田県仙北市角館町下中町で昨年9月、国の重要無形民俗文化財「角館祭りのやま行事」(通称・角館のお祭り)の2台の曳山(ひきやま)に参加者が挟まれて死亡した事故で、県警は20日、片方の曳山の運行に責任があった仙北市と大仙市の30〜40代の男性3人を業務上過失致死容疑で書類送検した。

     送検容疑は昨年9月9日午前0時55分ごろ、曳山がぶつかり合う「やまぶっつけ」の際に安全管理を怠り、祭りに参加していた同市の男性会社社長(当時52歳)を死亡させたとしている。3人は曳山の周囲の人に注意して安全を確保する役割だった。県警はもう片方の曳山の関係者に責任はないと判断した。

     曳山は長さ約6.5メートル、幅約2.8メートル、重さ約7トンで、1台あたり50人超で担ぐとされる。祭りには18台が参加していた。【山本康介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    2. インタビューシリーズ・温故知新 /上 高木ブー ネタ会議! 全員ギラギラ 音楽で始まり、人の輪も広がった
    3. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
    4. アジア大会 バドミントン桃田快勝 男子団体、準々決勝に
    5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです