メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道事故

「親などの心情配慮」館林市教委、公表せず

 群馬県館林市の市立中学校で5月に柔道部の3年生の男子生徒が練習中に頭を打ち現在も意識不明のままになっている事故について、市教委は公表していなかった。その理由について、市教委学校教育課は「けがした生徒の親やけがさせた生徒の心情に配慮し、公表は控えていた」と話している。

 この事故を受け、市教委は6月、市内の16小中学校に対し、部活動や体育の授業中の安全管理を徹底するよう通知を出した。

 市教委によると、事故当時は部員5人で練習していた。柔道3段の副顧問が指導していた。男子生徒も、相手…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文539文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです