メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/37 軍鶏鍋屋 竪川 火盗改方のアジト /東京

「五鉄」のモデルと言われている幕末創業の鳥料理「かど家」

 雪が降り積もった夜の比丘尼(びくに)橋のたもとに、「山くじら」の看板を掲げた料理屋がある。二代目歌川広重の錦絵「名所江戸百景 びくにはし雪中」に描かれた江戸中心部、現在の地下鉄銀座一丁目駅近くの風景だ。

 山くじら(山鯨)とはイノシシの肉。肉食がタブー視されていた江戸時代、おおっぴらにイノシシと宣伝するのがはばかられ、山鯨がキャッチコピーになった。1832年刊行の「江戸繁昌記」によれば、シカ、キツネ、ウサギ、カワウソ、オオカミ、クマも食された。ネギを入れて鍋で煮るのが主な食べ方だった。

 獣肉を食べることを江戸の人々は「薬食い」と言った。好き好んで食べるわけではない。栄養をつけて病気予…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1310文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです