メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/37 軍鶏鍋屋 竪川 火盗改方のアジト /東京

「五鉄」のモデルと言われている幕末創業の鳥料理「かど家」

 雪が降り積もった夜の比丘尼(びくに)橋のたもとに、「山くじら」の看板を掲げた料理屋がある。二代目歌川広重の錦絵「名所江戸百景 びくにはし雪中」に描かれた江戸中心部、現在の地下鉄銀座一丁目駅近くの風景だ。

 山くじら(山鯨)とはイノシシの肉。肉食がタブー視されていた江戸時代、おおっぴらにイノシシと宣伝するのがはばかられ、山鯨がキャッチコピーになった。1832年刊行の「江戸繁昌記」によれば、シカ、キツネ、ウサギ、カワウソ、オオカミ、クマも食された。ネギを入れて鍋で煮るのが主な食べ方だった。

 獣肉を食べることを江戸の人々は「薬食い」と言った。好き好んで食べるわけではない。栄養をつけて病気予…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1310文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. サウジ記者殺害 CIA「皇太子が殺害を指示」 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです