メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判決の波紋

南シナ海/下 対中姿勢、硬軟両様 日本、テロ対策連携 米は外交圧力

南沙(英語名スプラトリー)諸島がある南シナ海を哨戒する中国の爆撃機。中国国営新華社通信が写真を配信した=AP

 モンゴルの首都ウランバートルのホテル。南シナ海を巡る仲裁裁判所の判決が出てから3日後の15日、中国の李克強首相と安倍晋三首相が向き合った。「長期的な戦略に目を向け、関係改善のプロセスを進めるべきだ」と李氏。9月に中国で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する安倍首相の訪中についても「心から歓迎したい」と表明した。日本政府関係者は日中首相会談の雰囲気について「抑制的だった」と振り返った。

 安倍首相もウランバートルで15、16の両日に開かれたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で判決に言及…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1136文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]