メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判決の波紋

南シナ海/下 対中姿勢、硬軟両様 日本、テロ対策連携 米は外交圧力

南沙(英語名スプラトリー)諸島がある南シナ海を哨戒する中国の爆撃機。中国国営新華社通信が写真を配信した=AP

 モンゴルの首都ウランバートルのホテル。南シナ海を巡る仲裁裁判所の判決が出てから3日後の15日、中国の李克強首相と安倍晋三首相が向き合った。「長期的な戦略に目を向け、関係改善のプロセスを進めるべきだ」と李氏。9月に中国で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する安倍首相の訪中についても「心から歓迎したい」と表明した。日本政府関係者は日中首相会談の雰囲気について「抑制的だった」と振り返った。

 安倍首相もウランバートルで15、16の両日に開かれたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で判決に言及…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1136文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです