メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわり8号から見た今年の台風1号。発生翌日の7月4日から5日、6日、7日と急速に発達する様子が分かる=千葉大提供

 たとえ招かれざる客であっても、あまりに音沙汰がないとやはり気にかかる。今年に入って台風の発生が確認されず、不気味な沈黙が6カ月続いた。

 今年最初の台風がついに発生した7月3日は、1973年の記録(7月2日)を僅差で更新し、51年以来2番目に遅い台風1号の誕生日となった。

 台風1号は驚異的な急発達を見せ、発生後まもない6日には中心気圧が900ヘクトパスカルに達した。ひまわり8号は、台風1号の渦と目がはっきりと形成されていく成長過程を、克明にとらえた。

 なぜ今年は台風シーズンの到来が遅れたのか? 南米沿岸の海面水温が高くなるエルニーニョ現象が終息に向…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです