メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・山口代表

「9条加憲」封印、慎重姿勢を明確化

公明党の山口那津男代表=中村藍撮影

 公明党の山口那津男代表は21日の記者会見で、憲法9条に自衛隊の存在を明記する「加憲」について、当面議論の対象としない考えを示した。2014年の衆院選公約で9条加憲を「慎重に検討する」としていたが、憲法改正論議の本格化を前に、慎重姿勢を明確にした。

 山口氏は「現行9条の解釈を示したうえで安全保障関連法制を作った。それを自己否定するつもりはない」と説明した。3月施行の安保関連法には自衛隊の任務拡大が盛り込まれており、改めて憲法に自衛隊を位置づける必要はないとの認識とみられる。

 また、憲法改正に向けた党内の意見集約について、「憲法という奥行きの深いテーマを議論するには相当な時間が必要だ。あらかじめ時間を区切るのは不適切だ」と述べた。【高橋克哉】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. サウジ記者死亡 騒がれパニック、首絞める 「殺意ない」
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです