メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・山口代表

「9条加憲」封印、慎重姿勢を明確化

公明党の山口那津男代表=中村藍撮影

 公明党の山口那津男代表は21日の記者会見で、憲法9条に自衛隊の存在を明記する「加憲」について、当面議論の対象としない考えを示した。2014年の衆院選公約で9条加憲を「慎重に検討する」としていたが、憲法改正論議の本格化を前に、慎重姿勢を明確にした。

 山口氏は「現行9条の解釈を示したうえで安全保障関連法制を作った。それを自己否定するつもりはない」と説明した。3月施行の安保関連法には自衛隊の任務拡大が盛り込まれており、改めて憲法に自衛隊を位置づける必要はないとの認識とみられる。

 また、憲法改正に向けた党内の意見集約について、「憲法という奥行きの深いテーマを議論するには相当な時間が必要だ。あらかじめ時間を区切るのは不適切だ」と述べた。【高橋克哉】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米学会 酒はがんの危険高める 飲み過ぎに注意 声明発表
  2. ORICON NEWS “ぶさかわ犬”わさお、『志村どうぶつ園』で最愛の飼い主の最後のメッセージ公開
  3. 名古屋高速大高線 走行中バスから落下 複数の荷物道路に
  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  5. 訃報 夏木陽介さん81歳=俳優、「青春とはなんだ」主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]