メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海外でトラブル続出

 「ポケモンGO」が先行配信された米国では、ゲームで遊んでいて交通事故を起こすなどのトラブルが相次いでいる。

 米運輸省などによると、東部ニューヨーク州で7月中旬、運転中に珍しいポケモンを見つけた28歳の男性が、自動車を道路際の樹木に衝突させて重傷を負った。米メディアはポケモンを探していて崖から転落したり、歩行中や自転車で転んだりして、けがをする事故が多発していると報じている。10代の3人が原発の敷地に迷い込み、警備員に追い出されたほか、「ゲームのアイテムがある」とプレーヤーを誘い、強盗にひょう変する集団も現れているという。

 東欧のボスニア・ヘルツェゴビナでは19日、プレーヤーが地雷が埋まっている可能性のある地域に立ち入ったとして、地雷除去に取り組むNGO「ポサビナ・ベズ・ミナ」が「ポケモン探しを中止してほしい」と声明を出した。

 一方、日本ではNISCが20日にポケモンGOで遊ぶ際の注意点をまとめた。ゲームに登録する際に個人が特定されないよう本名を使わずにニックネームを使うほか、危険な場所に立ち入らないよう呼びかけている。また、ポケモンGOは全地球測位システム(GPS)を常に使うのでスマホ電池の消費が早いとして、「予備の電池を持とう」「予備の連絡手段を準備しよう」と注意している。【小川祐希、ワシントン清水憲司】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
  2. 不審物 「白い粉」はベビーパウダー 高校生「落とした」
  3. 北海道・遊園地 「バイキング」から転落、小6男児けが
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 加計問題 公明代表「説明責任を果たして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]