メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5年生存率62.1%…前回比3.5ポイント向上

主ながんの5年生存率(%)

06〜08年診断

 厚生労働省の研究班(研究代表者=松田智大・国立がん研究センター全国がん登録室長)は22日、全国21府県で2006〜08年にがんと診断された人の5年後の生存率が62.1%だったと発表した。前回(03〜05年の診断)の集計より3.5ポイント上がった。男性は59.1%、女性66.0%となり、比較的生存率の高い乳がんなどが女性の生存率を押し上げているとみられる。

 集計に協力した府県のうち、ほぼ全数の患者情報を集めている宮城県、神奈川県、大阪府、長崎県など21府県約64万人分のデータを分析した。前回の集計は7府県分だった。がんのあらゆる進行度の患者が含まれ、比較的実態に近い数字とされる。生存率が改善したのは、前立腺がんや乳がんなど生存率の高いがんの患者が増えたことや、治療法の改善などが影響していると考えられる。

 部位別では、男性は▽前立腺▽皮膚▽ぼうこう▽喉頭、女性は▽甲状腺▽乳房▽子宮▽喉頭などの生存率が高かった。生存率が低かったのは男女とも、膵臓(すいぞう)、胆のう・胆管だった。男女差が大きいがんもあり、肺がんは男性が女性より16ポイントも低かった。逆に、ぼうこうがんは女性が男性より12ポイント低かった。松田室長は「男性は喫煙率が高く、たばこが影響する肺がんが多いためと考えられ、女性は、ぼうこうがんの発見が遅れる傾向がある」と説明する。

 高齢で診断されると生存率は低くなる傾向がみられたが、乳がんや男性の大腸がんでは、年齢による差は少なかった。また、多くのがんで早期に診断されるほど、生存率が高かった。府県別のデータは、同センターホームページ(http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/monitoring.html)で公開している。【下桐実雅子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 延長戦で競り勝ち花咲徳栄 初の決勝戦進出
  2. 温泉施設 洗い場やジェットバスが泡だらけ いたずらか
  3. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 栃木県立宇都宮女子高/2 演劇も歌も 欲張り許容 渡辺江里子さん /東京
  4. 特集ワイド 田原総一朗さん、「政治生命を懸けた冒険」って? 「ミサイル」解決へ首相は動く 対北朝鮮、月内にもアクション
  5. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]