メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千枚田耕作記

能登からみる農業/3 愛知の高校、保全に尽力 「心の故郷」交流、今も /石川

白米千枚田で草刈りに汗を流す安城東高の生徒たち=1986年6月、室良雄さん提供

 輪島市の白米(しろよね)千枚田は24日、草刈りを迎えた。田植えから2カ月余りがたち、成長した稲の鮮やかな緑色が広がる。こうした景観の保全に特に大きな役割を果たしたのが、愛知県安城(あんじょう)市にある県立安城東高校だった。

 同校は千枚田の荒廃が進んでいた1982年度から10年間、2年生が毎年、修学旅行で訪れ、勤労体験学習として草刈りに取り組んだ。参加者は延べ約4500人。この活動に触発され、輪島で保全に向けた機運が高まり、今に至っている。

 安城東が千枚田を選んだのは偶然の側面も大きい。同校では、社会奉仕や創造性・自発性を重んじ、修学旅行…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです