メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

稀勢の里昇進 「来場所優勝なら納得」

豪栄道を押し出しで破った稀勢の里=愛知県体育館で2016年7月24日、木葉健二撮影

 日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は24日、大関・稀勢の里の横綱昇進について「来場所につながったね。(優勝した日馬富士と)星一つの差だから」と述べ、秋場所(9月11日初日、東京・両国国技館)も引き続き綱取り場所になるとの見解を明らかにした。昇進の条件については「優勝すれば、みんな納得…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです