メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース交差点

社会 土用の丑の日 ウナギの代わりにナマズ、豚肉 かば焼き商戦

 30にちの「土用どよううし」をまえに、スーパーや百貨店ひゃっかてんは、ニホンウナギにわるナマズや豚肉ぶたにくのかばきをしています。どこまで消費者しょうひしゃれられるのか注目ちゅうもくされています。

     ニホンウナギは国際自然保護連合こくさいしぜんほごれんごう(IUCN)に絶滅危惧種ぜつめつきぐしゅ指定していされ、漁獲量ぎょかくりょうっています。大手おおてスーパーのイオンは、近畿大学きんきだいがく開発かいはつ成功せいこうしたウナギあじのナマズのかばきを今年ことし目玉めだまにしました。また、百貨店ひゃっかてんのそごう・西武せいぶも、ウナギにくわえハモや豚肉ぶたにくなど120種類しゅるいのかば商品しょうひん販売はんばいしています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    3. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
    4. 台湾 「ダイソー」の輸入資格廃止 貿易法違反、罰金も
    5. 狛江市長 頭下げぬ謝罪会見「セクハラ認識ない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]