メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貧者の教会

法王と大戦/下 「虐殺」認定、史実に光 アルメニア、キリスト教の絆強く

 1925年9月11日、アルメニア人のベルジ・ベンリヤンさん(当時11歳)はトルコ・イスタンブールからイタリア領ロディ島(現ギリシャ・ロードス島)に船で向かっていた。

 第一次世界大戦中、オスマン帝国は領内のアルメニア人を迫害した。アルメニア側は男性住民を中心に「約150万人が虐殺された」と主張するが、トルコ側は「虐殺」とは認めていない。

 ベルジさんは惨劇の生き残りの一人だ。連行されないよう女児用の服を着せられていたという。「父は当時の…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1071文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 裁判員 増え続ける辞退 制度施行8年、長期審理敬遠か
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. カンヌ国際映画祭 是枝監督、最高賞 「万引き家族」 日本21年ぶり
  5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]