メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

郭被告に収賄罪で無期判決…前制服組トップ

 【北京・石原聖】中国国営新華社通信は25日、軍事法院が同日、胡錦濤前政権時代の中国軍制服組トップで、収賄罪で起訴された郭伯雄・前中央軍事委員会副主席=党籍剥奪処分=に対し、無期懲役の判決を下したと伝えた。郭被告は上訴しない意向を示したといい、刑が確定する。

     中国軍では同じ制服組トップだった徐才厚・前副主席(病死で不起訴)も汚職で摘発された。郭、徐氏共に江沢民元国家主席に近い軍指導者とされ、腐敗摘発を通じて習近平国家主席が軍の掌握を固めた形だ。

     新華社によると、郭被告は5月に起訴され、非公開審理された。

     判決によると、郭被告は、部下の昇進に便宜を図った見返りに、本人や家族を通じて賄賂を受け取った。香港メディアは収賄額が16億元(約256億円)に上ると報じていたが、判決は賄賂額を「巨大」と表現するにとどめた。郭被告は上将(大将)のポストを剥奪され、全財産も没収される。

     軍の少将だった郭被告の息子や妻、秘書らも起訴されているとみられる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
    2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    3. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末
    4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
    5. サウジ記者死亡 皇太子側近を更迭、故意は否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです