メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモンGO

東尋坊でプレー、転落事故懸念も

東尋坊の岩場で「ポケモンGO」をする観光客に注意を呼びかける茂幸雄さん(左)ら=福井県坂井市で2016年7月25日午後3時5分、岸川弘明撮影

 断崖絶壁の景観で知られる福井県坂井市の国の名勝・東尋坊でも、人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をする人が現れ、転落事故が懸念されている。スマートフォンの画面を見ながら崖に近づいてしまう人もいるといい、現地で自殺予防の見守り活動をしている団体のメンバーが声掛けに追われている。

     「あの辺でポケモンが出るみたい。でも、危なそうで近づけない」。岩場の手前にある遊歩道でスマホを見ていた大学4年の女子学生(21)は崖の先を指さした。珍しいキャラクターを捕まえたというツイッターの書き込みもあり、普段よりスマホを手に歩く人の姿が目につくという。

     立ち止まって遊ぶ人がほとんどだが、見守り活動をしているNPO法人「心に響く文集・編集局」理事長の茂(しげ)幸雄さん(72)によると、足元を見ずに歩き、岩場でつまずく若者もいる。茂さんは「危ないから岩場ではやめてほしい」と訴えている。

     一方、神戸市は25日、経済効果や事故などのマイナス面など、どのような影響があるのかを調べるプロジェクトチームを庁内に設置すると発表した。【岸川弘明、久野洋】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
    3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
    4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
    5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです