メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

女優・薬師丸ひろ子さん かっこいい大人いた青山

女優の薬師丸ひろ子さん=猪飼健史撮影

 私が生まれ育った1960年代、70年代の青山(港区)を振り返ると、明治生まれの祖母のことが思い出されます。小学校1、2年生ぐらいの時、38度近い熱を出した日のことです。先生が家の人を呼ぶというので、私は「絶対に連絡しないで」と、ものすごく抵抗しました。両親は共働きで忙しいので、家にいつもいる祖母が迎えに来るからです。祖母が来たらどうなるか。幼稚園でけがをした時もそうだったのですが、私をおんぶして帰るわけです。大丈夫だと言っても。

 自宅までは地下鉄で2駅ぐらいの距離だったと思います。通学路は「246」と呼ばれる国道246号・青山…

この記事は有料記事です。

残り1511文字(全文1778文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです