メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

ウナギにマケズ、土用のナマズ すり身、豆腐 代替商戦熱く

 30日の「土用の丑(うし)の日」を前に、スーパーや百貨店などで商戦が熱を帯びている。ニホンウナギは国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定され漁獲量が減少。各社は定番の「ウナギのかば焼き」のほか、代替品としてナマズや魚のすり身など「ウナギ以外のかば焼き」も提案している。今年は土用の丑が土曜日のためウナギの販売量が増加するとみられており、どこまで消費者に受け入れられるか注目される。【浅川大樹、浜中慎哉】

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  4. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです