メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育休

男性の取得率2.65%、過去最高 女性81.5%

男女別育休取得率の推移

 厚生労働省は26日、2015年度の雇用均等基本調査結果を公表し、男性の育児休業取得率が2.65%(前年度比0.35ポイント増)となった。1996年度の統計開始以来、過去最高となった。

 調査は従業員5人以上の5850事業所を対象に、13年10月1日から14年9月30日までに配偶者が出産し、15年10月1日までに育休を開始した男性の割合を調べた。

 男性の取得率は東日本大震災などの影響で12年度に1.89%(同0.74ポイント減)と落ち込んで以来…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです