メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海村

福島原発事故の汚泥、数値を伝えず処分

 茨城県東海村が2011年7月、東京電力福島第1原発事故の影響で放射性セシウムが1キロ当たり6万3000ベクレル測定された汚泥を、廃棄物処理業者に引き渡し、処分していたことが分かった。国は11年12月から1キロ当たり8000ベクレル以上を指定廃棄物として処理している。村は業者に汚染濃度の数値を伝えていなかったといい、山田修村長は「高濃度汚染物に対する配慮が足りなかった」と説明している。

     処分したのは村営屋外プールの底にたまっていた汚泥を含む土のう24個分(約470キロ)。プールを管理する村文化スポーツ振興財団が11年6月に汚泥の線量数値を計測し、敷地内に埋設したが、数日後に掘り返し、周辺の土とともに土のうに入れて産業廃棄物業者に引き渡した。その後どう処分されたかは不明という。

     村によると、汚泥について当時の村長、教育長や村の災害対策本部は把握していなかったという。県廃棄物対策課は「当時、処分方法は各自治体に任されており、法的に問題があるとは言えない」としている。【山下智恵】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです