メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/38 大川の隠居 小網町 盗みは「武家」から /東京

小網町児童遊園(後方)の手前の道路に思案橋があった

 「武家屋敷の中は警戒が緩い。女性が暮らす奥向き、長局(ながつぼね)は男子禁制で盗みは容易。万一見つかっても逃げやすい」。江戸で最も有名な盗賊の一人、鼠小僧(ねずみこぞう)次郎吉(1797〜1832年)は自白調書「鼠賊白状記」で大名や旗本屋敷を専門に盗みに入った理由を明かしている。侵入した武家屋敷は98カ所、被害金額は3121両。1両10万円として3億1210万円。

 鼠小僧が刑死して15年後の1847年、武家屋敷専門の盗賊、市之助という男が捕まり処刑された。鼠小僧…

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです