メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/38 大川の隠居 小網町 盗みは「武家」から /東京

小網町児童遊園(後方)の手前の道路に思案橋があった

 「武家屋敷の中は警戒が緩い。女性が暮らす奥向き、長局(ながつぼね)は男子禁制で盗みは容易。万一見つかっても逃げやすい」。江戸で最も有名な盗賊の一人、鼠小僧(ねずみこぞう)次郎吉(1797〜1832年)は自白調書「鼠賊白状記」で大名や旗本屋敷を専門に盗みに入った理由を明かしている。侵入した武家屋敷は98カ所、被害金額は3121両。1両10万円として3億1210万円。

 鼠小僧が刑死して15年後の1847年、武家屋敷専門の盗賊、市之助という男が捕まり処刑された。鼠小僧…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです