メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽田空港

低空ルート了承 関係自治体、安全・騒音対策前提に

 羽田空港の国際線を増やすため東京都心の低空を飛ぶ新ルートについて関係自治体側は28日、国による安全・騒音対策の実施を前提にルートを了承する考えを明らかにした。東京五輪開催の2020年春から運用される見通しで、国際線の発着回数枠は現在の1・4倍に拡大する。

 都や特別区長会、埼玉県などが国土交通省との協議会の場で表明した。同省は航空機騒音障害防止法が定める区域を超え、空港周辺の病院や学校の防音工事費を助成する。さらに航空各社に低騒音機の導入を促すため、低騒音機の着陸料を安くする…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]