メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震・ふるさとよ

第3部/4 避難所の「ご縁」人形

 4月に発生した熊本地震の避難所、益城(ましき)町砥川の公民館飯野分館。その廊下の棚に20センチほどの人形がちょこんと座っている。作ったのは同町小池下原集落の自宅が全壊した江島千恵子さん(80)。地震直後に避難していた飯野小学校から5月16日に移ってきた。

 「気に入った人は5円か10円入れて持って行ってください」

 郵便ポスト型の貯金箱と一緒に、手縫いの人形を江島さんが農協の朝市に並べ始めたのは2011年3月の東…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文804文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです