メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひこにゃん

アニメも制作可能に 著作権の制約なくす覚書

集まったゆるキャラとともに熊本地震の募金を呼びかけるひこにゃん(前列中央)=滋賀県彦根市竹ケ鼻町で2016年4月24日、西村浩一撮影

 滋賀県彦根市は28日、市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」を制作したデザイナー、もへろん氏や所属会社「桜井デザイン」(大阪市)との間で、ひこにゃん活用に関する覚書を25日に締結したと発表した。これまで著作権の制約で3ポーズしかなかったひこにゃんのイラストの種類を増やしたり、アニメを制作したりすることも可能になるという。

 ひこにゃんを巡っては、もへろん氏がひこにゃんと酷似したキャラクターが登場する絵本を出版し、市との間…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  2. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  3. 富田林署逃走 事前に計画か 接見終了、署員に声かけなく
  4. 夏の高校野球 金足農、八回逆転弾 吉田14K、横浜破る
  5. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです