メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひこにゃん

アニメも制作可能に 著作権の制約なくす覚書

集まったゆるキャラとともに熊本地震の募金を呼びかけるひこにゃん(前列中央)=滋賀県彦根市竹ケ鼻町で2016年4月24日、西村浩一撮影

 滋賀県彦根市は28日、市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」を制作したデザイナー、もへろん氏や所属会社「桜井デザイン」(大阪市)との間で、ひこにゃん活用に関する覚書を25日に締結したと発表した。これまで著作権の制約で3ポーズしかなかったひこにゃんのイラストの種類を増やしたり、アニメを制作したりすることも可能になるという。

 ひこにゃんを巡っては、もへろん氏がひこにゃんと酷似したキャラクターが登場する絵本を出版し、市との間…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです