メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
ひこにゃん

アニメも制作可能に 著作権の制約なくす覚書

集まったゆるキャラとともに熊本地震の募金を呼びかけるひこにゃん(前列中央)=滋賀県彦根市竹ケ鼻町で2016年4月24日、西村浩一撮影

 滋賀県彦根市は28日、市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」を制作したデザイナー、もへろん氏や所属会社「桜井デザイン」(大阪市)との間で、ひこにゃん活用に関する覚書を25日に締結したと発表した。これまで著作権の制約で3ポーズしかなかったひこにゃんのイラストの種類を増やしたり、アニメを制作したりすることも可能になるという。

 ひこにゃんを巡っては、もへろん氏がひこにゃんと酷似したキャラクターが登場する絵本を出版し、市との間…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文545文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]