メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナウシカ「メーヴェ」よ 白く美しく 大空舞え

「風の谷のナウシカ」に登場するメーヴェを模した無尾翼機を操縦する八谷和彦さん=滝川市のたきかわスカイパークで2016年7月16日午前8時35分、三股智子撮影

31日、北海道滝川の航空イベントで、初の公開テスト飛行

 宮崎駿監督の作品「風の谷のナウシカ」で主人公が使った飛行装置「メーヴェ」をモデルにしたジェットエンジン搭載の無尾翼機が31日、北海道滝川市である航空イベントで、初めて公開テスト飛行をする。

 実現したのは、メディアアーティストの八谷和彦さん(50)=東京都渋谷区。機体は幅9.6メートル、全長2.7メートル、重さ約100キロで、ジェットエンジンの左右に木製の骨組みにフィルムを張ったカモメ(ドイツ語でメーヴェ)のような白い翼が伸びる。

 詳細な設計や製造は小型機やグライダーの開発・製作メーカーが担当。八谷さん自身が機体の上に寝そべった姿勢でエンジンの出力を調整し、体重移動で操縦する。尾翼がなく安定性を高めることに苦労したが「結果的に航空力学的に実現可能な形だった」と話す。

 メディアアートは、テクノロジーを使った芸術表現だ。八谷さんはキャラクターが行き来するメールソフト「ポストペット」の開発者で、宙に浮くジェットエンジン付きスケートボードを作ったこともある。

 「メーヴェ」制作のきっかけは、2003年のイラク戦争だった。小国が大国の戦争に巻き込まれていくナウシカの漫画を読んでおり、国連平和維持活動(PKO)に自衛隊が派遣されることに既視感を覚えた。「テクノロジーを夢のあること、平和につながるものに使えたら」と考えたという。

 機体は模型からゴムバンドでけん引する滑空機、ジェットエンジン搭載へと進化。14年から滝川市を拠点に試験飛行を繰り返し、完成形に近づいた。八谷さん自身もハンググライダーなどで訓練を重ね、今年は航空局の許可を得てS字飛行や周回飛行を目指す。

 操縦には相当の熟練が必要で危険もあるため、宮崎さんらの公認は受けておらず量産の予定もない。飛行の目標を達成すれば、プロジェクトは終了する。

 「白く美しい姿で飛ぶ様子を見てほしい」と八谷さん。滝川市のたきかわスカイパークで午前7時40分から10分間予定されるテスト飛行は、空を舞う機体を見る最後のチャンスになりそうだ。【三股智子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害届「不起訴相当」 詩織さんと山口氏のコメント全文
  2. 高校野球 広陵・中村 清宮に対抗心「むかつくというか、いいライバル」(スポニチ)
  3. 外国人売春強要 なぜなくならない? 伊香保温泉で相次ぐ
  4. 取り違え 検視予定の遺体を解剖 兵庫県警が遺族に謝罪
  5. 詩織さん被害届 準強姦容疑は「不起訴相当」 検察審査会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]