メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本城

よく頑張った一本足の石垣 飯田丸五階櫓工事完了

“一本足”の奥に建物を支える鉄骨が差し込まれた熊本城の飯田丸五階櫓=熊本市で2016年7月28日午後1時18分、和田大典撮影

 熊本市は28日、熊本地震で石垣が崩れるなどの大きな被害を受けた熊本城(同市中央区)の立ち入り禁止区域を報道陣に公開した。残った石垣で“一本足”で支えているように見える「飯田丸五階櫓(やぐら)」の緊急工事がほぼ完了したことに合わせた。

 飯田丸五階櫓は天守閣の南西にあり、4月16日の本震で石垣が大きく崩落して建物の床面が露出し、一筋の石垣が支えている状態になった。6月から石垣の崩落部分を鉄骨で支える補強工事を進めてきた。29日にも完了する見通し。

 一方で石垣が崩落した国指定重要文化財の北十八間(きたじゅうはちけん)櫓周辺などは今も近づけない状態。天守閣前の広場も瓦が散らばったままになっている。

 網田龍生(あみたたつお)・市熊本城調査研究センター副所長は「一本足の石垣は崩れずに、よく頑張ってくれた。城全体をできるだけ早く元の姿に戻せるよう取り組んでいきたい」と話した。【野呂賢治】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 白鵬宛てに脅迫文 「必ず殺す」巡業先に封書
  2. 今年の漢字 17年は「北」 清水寺で発表
  3. 北口・熊本市議 辞職勧告決議受け、進退について会見 議会閉会後に /熊本
  4. 北口熊本市議 4回目辞職勧告 過去にパワハラや不当要求
  5. 懲戒処分 2警官が後輩にキャバクラ代117万円強要

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]