メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる王国

タイ 混迷の兆し/上 国民投票へ対立再燃 軍「王制護持」/タクシン派「民主主義」

タイ北部プレー県の「ランナー王国」の玄関口跡で、支持者らに歓迎されるインラック前首相(中央)=6月12日

 小高い丘に建つ赤いれんが造りのモニュメント。タイ北部プレー県の史跡を訪れたタクシン元首相(67)の妹インラック前首相(49)は支持者らから赤いバラを贈られた。赤はタクシン派のシンボルカラーだ。

 ここは中世にタイ北部一帯を統治した「ランナー王国」の玄関口だったとされる。6月12日、タクシン派地方幹部十数人がインラック氏を出迎えた。前日に幹部らは8月7日に予定される新憲法案の国民投票に向けた方針などを首都バンコクで話し合っていた。インラック氏の史跡訪問は「決起集会」を思わせるタイミングだった。

 ランナーは現タイ王朝とは系譜の異なる「別の王国」。かつての都チェンマイはタクシン氏一族の地元でもあ…

この記事は有料記事です。

残り1120文字(全文1418文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]