メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創価学会

イタリア政府と宗教協約を締結

 創価学会は29日、イタリア政府とイタリア創価学会が宗教協約(インテーサ)を締結し、30日(現地時間)付で発効すると発表した。これにより同国政府公認の宗教団体となり、税制上の優遇や教育機関設置の権利などが保障される。

     創価学会によると、昨年6月、レンツィ首相とイタリア創価学会の理事長が協約書に調印。今年に入って国会上下両院で承認され、今月15日に官報に掲載された。同国政府と日本発祥の仏教団体がインテーサを締結したのは初めて。同国内には8万人の会員がいるという。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
    2. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. 人身事故 山手線と埼京線で遅れ、6000人に影響 東京
    5. いきものがかり ゆかり厚木のCD店 惜しまれつつ閉店 ファンの「聖地」に賛辞の拍手 /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]