メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板

ポケモンGOの使用を歓迎する看板=京都市下京区の西本願寺で2016年7月29日午後3時34分、岡崎英遠撮影

 世界遺産・西本願寺(京都市下京区)が29日、スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の境内でのプレーを禁じていた方針を一変し、プレーヤーを歓迎する看板を設置した。

 参拝者の妨げになるなどと判断していたが、寺関係者から「厳しすぎる」との声が上がって見直した。立ち入り禁止区域に入らないことなどを条件にプレーを認めた。

 看板ではゲームのアイテムが手に入る8カ所の「ポケストップ」も紹介。寺は「『歩きスマホ』は危険なので、まずは案内図で目的地を確認してほしい」と呼び掛けている。【岡崎英遠】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
  2. プロレス アントニオ猪木氏「生前葬」 ハンセンら参列
  3. 台風21号 列島大雨に 「特別警報」の可能性
  4. トランプ氏 ケネディ氏暗殺の捜査資料、機密指定解除へ
  5. 原付きバイク カープナンバープレートも交付 広島市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]