メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモンGO

西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板

ポケモンGOの使用を歓迎する看板=京都市下京区の西本願寺で2016年7月29日午後3時34分、岡崎英遠撮影

 世界遺産・西本願寺(京都市下京区)が29日、スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の境内でのプレーを禁じていた方針を一変し、プレーヤーを歓迎する看板を設置した。

 参拝者の妨げになるなどと判断していたが、寺関係者から「厳しすぎる」との声が上がって見直した。立ち入り禁止区域に入らないことなどを条件にプレーを認めた。

 看板ではゲームのアイテムが手に入る8カ所の「ポケストップ」も紹介。寺は「『歩きスマホ』は危険なので、まずは案内図で目的地を確認してほしい」と呼び掛けている。【岡崎英遠】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  2. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 人身事故 山手線と埼京線で遅れ、6000人に影響 東京
  5. いきものがかり ゆかり厚木のCD店 惜しまれつつ閉店 ファンの「聖地」に賛辞の拍手 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]