メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる王国

タイ 混迷の兆し/中 安定の重し、機能せず 健康不安の国王、仲裁困難

プミポン国王が入院するバンコクの病院で、健康回復を願い読経する人々。この日は在位70年の記念日で、多くが国王のシンボルカラーである黄色いシャツを着ていた=6月9日撮影

 タイ新憲法案を巡る8月7日の国民投票まで1週間。しかし、軍政は政府機関以外のキャンペーンを禁じており、「投票ムード」は感じられない。違反すれば最長で禁錮10年。タクシン元首相派ら否決勢力を封じ込める意図は明白だ。

 6月以降、新憲法案を批判するパンフレットを配布した学生らが多数拘束された。7月下旬には北部チェンマイで新憲法案に批判的な手紙を配った疑いで、タクシン派元議員ら数人が拘束された。2年前のクーデター以降続く軍政の言論弾圧は投票を前に一層強まっている。

 「今のプラユット軍政はかつてのスチンダ軍政よりも非民主的だ」。タクシン派団体「反独裁民主戦線」(U…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1162文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 東京地裁 榊原記念病院側に賠償命令 麻酔で2歳男児死亡
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]