メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

土用の丑の日の30日…

 土用(どよう)の丑(うし)の日の30日、熊本市の祭りでナマズのかば焼きが屋台で売られた。企画した和食店の店主は「ナマズが暴れると地震が起きる。だったら食べて鎮めてやる」。

     近畿大が開発した「ウナギ味のナマズ」を特製たれでこんがり焼いた身はウナギそのもの。女性客(30)も「肉厚でふっくらしていて味はウナギに似てる」と満足そう。

     飛ぶような売れ行きに気を良くした店主は「かば焼き、煮物、天ぷら。ナマズを店の定番メニューにしようかな」。イベントだけでは飽きたらず、商人魂が鎮まることはない。【柿崎誠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ポケモンGO 鳥取砂丘、1万5000人埋め尽くす
    2. 自民・竹下氏 「言わなきゃ良かった」同性パートナー発言
    3. 在外被爆者訴訟 国が一転、和解拒否 「請求権消滅」
    4. エジプト 死者235人、109人が負傷 モスクテロ
    5. 保育無償化 首相「すべての子供たちに」はウソだった?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]