メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
揺れる王国

タイ 混迷の兆し/下 「民政復帰」抱く野心 連立へカギ握る第3党

インタビューに答えるタイ誇り党のアヌティン・チャーンウィラクル党首=バンコクで

 「人々の権利や自由が保障されます」「貧富の格差をなくします」−−。7日の国民投票に向けた新憲法案の公式パンフレットには美辞麗句が並ぶ。賛成票を促そうとする軍政側の思惑があからさまだ。7月28日に公表された世論調査では、賛成が約33%で反対が約6%。残りが未決定だ。「新憲法案は非民主的だが、内容を理解するのは難しい。反軍政でも賛成票を投じる人が多いかもしれない」(外交筋)

 新憲法案が可決された場合、来年後半にも総選挙が行われ、タイは「民政復帰」する。その後のシナリオを軍…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1135文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
  2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
  4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
  5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]