メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はなれていても

遠距離家族のいま 子育て編 仕事と家庭、幸せの形は万別

子ども向けの理科教室で習ったばかりの工作にチャレンジする川村匡さん、内田由紀子さんと長男=京都市で、中本泰代撮影

 仕事と育児を巡る夫婦間のバランスは百人百様。「子育て編」最終回は、それぞれのキャリアと家族の幸せをひたむきに模索してきた人たちの歩みを紹介する。【遠距離家族取材班】

「合計のキャリア」追求し別居/子どもの成長に合わせ働き方選択

 「今朝行った理科教室の続きしようか」。川村匡(ただし)さん(37)と長男(6)がテーブルで折り紙工作を始めた。台所では妻の内田由紀子さん(41)がお茶の用意をしている。穏やかな週末の午後。結婚当初から別居を続ける夫婦にとって、大切なひとときだ。

 東京で文部科学省の官僚として働く匡さんと、社会心理学者の由紀子さんは2003年に結婚。式の10日後…

この記事は有料記事です。

残り2423文字(全文2709文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]