メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

元横綱・千代の富士、九重親方が死去 61歳

九重親方=2015年5月、小川昌宏撮影

優勝31回、国民栄誉賞

 大相撲の第58代横綱で歴代3位の優勝31回を果たし、角界初の国民栄誉賞も受賞した「昭和の大横綱」、千代の富士の九重親方(ここのえおやかた、本名・秋元貢=あきもと・みつぐ)が31日、膵臓(すいぞう)がんのため入院先の東京都内の病院で亡くなった。61歳。通夜は6日午後6時、葬儀は7日正午、東京都墨田区石原4の22の4の九重部屋。喪主は妻久美子(くみこ)さん。

 北海道福島町出身。15歳で元横綱・千代の山が師匠の九重部屋に入門し、1970年9月の秋場所で初土俵を踏んだ。体重の軽い小兵ながら、抜群の運動神経を生かして出世し、74年九州場所で新十両、75年秋場所で新入幕を果たした。

 度重なる左肩の脱臼などけがに悩まされながら、筋力を鍛えてライバルたちに立ち向かい、関脇だった81年初場所で横綱・北の湖を優勝決定戦で破り、初優勝を果たした。翌春場所で大関に、81年名古屋場所後に横綱に昇進した。

 鋭い視線と筋肉で固めた細身の体、土俵上で大きい力士を投げる姿から「ウルフ」という愛称が付けられ、優勝回数を重ねるだけでなく連勝記録も作った。88年九州場所では大鵬の45連勝を抜き14日目まで53連勝、双葉山の69連勝に迫った。だが同場所千秋楽で、大乃国との横綱対決で敗れてストップ。当時としては双葉山に次ぐ昭和以降2位の記録になった。また大乃国との一番は、翌89年1月の昭和天皇ご逝去により「昭和最後の一番」になった。

 89年には角界初の国民栄誉賞を受賞した。90年九州場所では31回目の優勝を果たすなど、人気、実力とも高い横綱として君臨した。

 しかし、91年夏場所初日に、後に横綱になった貴乃花(当時は平幕の貴花田)に敗れたことをきっかけに、3日目の貴闘力戦で敗れた夜、記者会見を行い、「体力の限界。気力もなくなり引退することになりました」と現役引退を表明。通算勝利数1045勝、幕内勝利数807勝は引退当時1位、幕内優勝31回は大鵬に次ぐ当時2位の記録だった。

 引退後は年寄「陣幕」として後進の指導に当たり、92年には年寄「九重」を襲名して部屋を継承し、元大関・千代大海(現佐ノ山親方)をはじめ、多くの力士を育てた。協会内では理事として広報部長、審判部長、巡業部長や事実上のナンバー2とされる事業部長を歴任したが、2014年の理事選では落選し、16年は立候補しなかった。

 15年5月31日には還暦土俵入りを行い、露払いに日馬富士、太刀持ちに白鵬の、現役の両横綱を従えた。約1カ月半後の7月の名古屋場所では内臓疾患を理由に全休。復帰した翌秋場所では、自ら膵臓がんだったことを公表し、職務に復帰。土俵上の無気力相撲などを監視する監察委員を務めていた。【村社拓信】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  2. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 人身事故 山手線と埼京線で遅れ、6000人に影響 東京
  5. いきものがかり ゆかり厚木のCD店 惜しまれつつ閉店 ファンの「聖地」に賛辞の拍手 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]