メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良少年刑務所

法務省が施設を公開 年度末で閉鎖 「住民交流存続を」 /奈良

看守所から受刑者の収容棟が放射状に配置されている。上部に窓があり、中は明るい=奈良市で、塩路佳子撮影

 法務省は1日、今年度末で閉鎖され、民間施設として再利用されることが決まった奈良少年刑務所(奈良市般若寺町)の施設を報道機関に公開した。同刑務所は「今後も愛される施設になってほしい」としている。

 明治政府が造った「五大監獄」の一つで、建物は1908(明治41)年建築。同省は先月28日、年度内に閉鎖し、ホテルや博物館への活用も視野に年内に民間企業から事業計画を公募すると発表。1日は意匠を凝らした表門、れんが造りの庁舎、放射状になった受刑者の収容棟などが公開…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  5. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]