メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京浜急行車両

川口市が譲渡先募集 1929年製

老朽化に伴い、川口市が引き取り先を探している「京浜急行車両」=埼玉県川口市の青木町公園で、鴇沢哲雄撮影

 埼玉県川口市の青木町公園で展示され、子どもたちに人気を博してきた「京浜急行車両」の展示廃止が決まり、市が引き取り先を探している。老朽化に伴って廃棄を予定していたが、愛好家などから譲渡などの問い合わせがあったことから、引き取り先の募集を始めた。

 車両は1929年に製造され、長さ16メートル、幅2.7メートル、高さ3.9メートルで重量は33.5トン。79年に京浜急行から譲渡され、現在地に展示された。高速鉄道の先駆け車両とされ、全国で他にも2車両が現存している。

 赤い車体の側面中央の白線が特徴で、10年ほど前までは車内に入ることもできた。展示から30年以上が経…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  4. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです