メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギー

起業支援でテロ防止 実行犯拠点で住民ら

完成間近の新オフィスのデザインを前に「『テロリストの温床』というイメージを変えたい」と話すウアサリさん(右)=ブリュッセルのモレンベーク地区で、八田浩輔撮影

 【ブリュッセル八田浩輔】昨年と今年、パリとベルギーで相次いだ同時テロの実行犯らの拠点となったブリュッセル西部モレンベーク地区で、IT(情報技術)の習得や起業支援のプロジェクトが進んでいる。移民系のイスラム教徒が多く、失業率が相対的に高い同地区で起業意識を高め、「テロの温床」というイメージの払拭(ふっしょく)につなげる狙いがある。

 プロジェクトは昨年5月に発足。コンピューターの知識や技術に精通する人を指す英語の「ギーク」と地名を…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1117文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文
  2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]