メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被団協

事務局長、米大統領「所感」評価を後悔

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局長、田中熙巳さん=福島祥撮影

「死を抽象化している。絶対に認められない」

 オバマ米大統領が広島を訪れた5月27日。式典に臨席した日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局長、田中熙巳(てるみ)さん(84)=埼玉県新座市=は、オバマ氏の「所感」を直後の記者会見で「素晴らしい」と評価した。そのことを悔いてつづった「反省の記」が今、田中さんの手元にある。オバマ氏が「死が降ってきて」と表現したことに、後から気づいたからだ。「死を『作った』んだ。謝罪の証しとして、核兵器をなくしてほしい」と、一刻も早い核兵器廃絶の実現を訴え続けている。

 現職の米大統領として初めてオバマ氏が広島を訪れたあの日、田中さんは被団協メンバー2人と平和記念公園…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  3. 世界最高齢男性 足寄町の野中正造さん113歳 長寿の秘訣は「マイペース」 /北海道
  4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです