メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/16 「県境越え、情報共有する意義大きい」 市区町村会に297自治体参加 /香川

先進事例のデータ化について説明する根岸さん=京都市内で、玉木達也撮影

 「自殺のない社会づくり市区町村会」の総会が先月29日、東京都千代田区の参議院議員会館で開かれた。今年4月から施行された改正自殺対策基本法について、NPO法人「ライフリンク」(東京)代表、清水康之さんや「自殺総合対策推進センター」(同)センター長、本橋豊さんらが説明した。

 この市区町村会は、正式には「いのちささえる真心あふれる社会づくり市区町村連絡協議会−自殺のない社会を目指して−」という。名称の長さに深い思いが込められている。

 2011年7月、設立。その趣旨には「住民の皆さんに一番身近に寄り添い、住民福祉の向上への信託を受け…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです