メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

歴史解釈という権力=坂東賢治

 <moku−go>

 中国の著名な改革派月刊誌「炎黄春秋(えんこうしゅんじゅう)」が「停刊」を宣言した。政府系機関から新たな経営陣や編集スタッフが乗り込み、同じ題字で発行を続けるというから「乗っ取られた」という表現の方が正確かもしれない。

 中国で言う「特殊な背景」を持つ雑誌だ。天安門事件の余波が残る1991年に軍の長老ら有力者をバックに創刊された。共産党史を中心にレベルの高い論文を集め、時に政治改革提言なども掲載した。

 名を上げたのは90年代半ばに胡耀邦(こようほう)元総書記の業績をたたえる一連の論文や写真を掲載し、…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1043文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです