メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

巨大ブラックホールに挑む 国立天文台教授・本間希樹さん

「ブラックホール観測は非常に面白い取り組みだ」と意欲を燃やす本間希樹さん=東京都三鷹市の国立天文台で

本間希樹(ほんま・まれき)さん(44)

 来春に始まる国際プロジェクト「国際サブミリ波VLBI」で、研究チームの日本側責任者として参加し、銀河の中心部にあるとされる巨大ブラックホールの存在の確認に挑む。非常に強い重力をもち、光さえも引き込むためそれ自身は見えないが、電波望遠鏡を使えばその周囲のガスの観測から有無を確かめることが可能だ。成功すればノーベル賞と言われる。

 東京大大学院を修了した1999年は、国内4カ所の電波望遠鏡で天の川銀河の精密立体地図を作る「VER…

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです