メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

団塊の世代を意識した「大量死産業」が花盛り!

 70歳を超え、がんが発見されたりすると「死」を意識せざるを得ない。肺がんの手術をした頃から、僕も「上手に死にたい!」と思うようになった。

 「ネンネンコロリで行きたいな」と話したら、後輩の記者から「寝たきり介護で死にたいんですか?」と聞かれた。

 「……? 冗談じゃない。要するに、安らかに逝きたいんだ」

 「それなら、先輩、ネンネンは間違いですよ」

この記事は有料記事です。

残り2314文字(全文2509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです