メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわり8号から観測した2016年1月31日の日本付近の雲の様子。東北地方の太平洋側に山岳波による雲の列が見える

 地形は気象と深くかかわっている。ひまわり8号が今年1月31日、東北地方の上空でとらえた波状雲も、山岳という地形が原因だ。

 画像では、岩手、宮城、福島の3県にまたがって、細長い雲が波のように縦に並んでいる。間隔は約15キロ。途切れている部分もあるが、しま模様の一本一本は微妙な曲がり方まで似ている。

 この日は地表から上空まで、日本海から強い西風が吹いていた。3県の風上には、1500〜2000メートル級の奥羽山脈が縦に走っている。西からの気流は山脈の斜面に遮られて上昇し、…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  4. セシウム マイタケ加工品から基準値超検出 福島 /福島
  5. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです