メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合コン

プロ幹事養成講座 記者が奥深さ学ぶ

 ビルの一室で10人あまりの大人たちが、テキストを開いてメモを取りながら講師の話に聴き入る。ありふれた研修の風景だが、教えている内容は、なんと「合コン(合同コンパ)」に関する知識だ。これは一般社団法人「日本合コン協会」(東京都渋谷区)が今年4月に開講した「合コンマスター認定講座」。「軟派」なイメージとうらはらに、少子化や結婚に関する各種統計を引いた「硬派」な内容が土台の、プロ幹事の養成講座だ。合コンを避けてきた記者も7月18日に開催された第2回の講座を受講し、奥深さを垣間見た。【大村健一/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り5516文字(全文5774文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです