メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒラシュモクザメ

斜め姿勢で効率泳ぎ…背びれで揚力発生

体を傾けて泳ぐヒラシュモクザメ=国立極地研究所の渡辺佑基准教授提供

 ハンマーのような形の頭を持つサメの一種「ヒラシュモクザメ」は、体を真っすぐな姿勢から横に約60度傾けながら泳ぐことを発見したと、国立極地研究所などの国際チームが4日までに発表した。体を浮かす浮袋がないため、長い背びれを横に倒し、飛行機の翼のように使うことで、上向きに働く「揚力」を得て体を沈みにくくさせているという。

 ヒラシュモクザメは体長2〜6メートルで、主に熱帯海域に生息する。フカヒレ目当ての乱獲などで個体数が…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず
  5. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです