メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀産タマネギ

ピンチ、「べと病」で記録的不作

収穫したタマネギの出荷作業。今季は小玉が多く根切りに手間がかかるという=佐賀県鹿島市で2016年7月5日、松尾雅也撮影

 全国2位の生産量を誇る佐賀県産タマネギが、成長を阻害する「べと病」の影響で記録的不作に陥っていることが分かった。べと病による被害はこれまでもあったが、県内の産地全体に広がったのは初めてで、県は関係団体とともに対策会議を設置し、耐性品種開発について検討を始めた。品薄によって全国的に価格が高騰しているほか、農家が大幅な減収に見舞われるなど影響が広がる。【松尾雅也】

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1222文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]