メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「核兵器保有ありえない」…稲田氏発言巡り

安倍晋三首相=広島市中区で2016年8月6日、山崎一輝撮影

 安倍晋三首相は6日、「我が国が核兵器を保有することはありえず、保有を検討することもありえない」と述べた。広島市内で記者会見した。

 稲田朋美防衛相は3日の記者会見で将来的な核保有を「憲法上、必要最小限度にどのような兵器が含まれるかに限定はない」と明確に否定しなかった。首相はこれに関し、「政府方針と矛盾しない。(稲田氏は)安倍内閣の一員として核兵器なき世界の実現に全力で取り組んでもらいたい」と語った。

 首相はまた、憲法改正について「(衆参の)憲法審査会という静かな環境で真剣に議論し、国民的な議論につなげていきたい」と述べた。自民党の憲法改正草案に関しては「そのまま国民投票に付されるとは全く考えていない」と述べ、各党と柔軟に協議する考えを強調した。【松井豊】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風21号 6人死亡、衆院選アルバイト男性も
  2. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
  3. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
  4. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し
  5. 台風21号 近畿地方 浸水や大規模停電、ボートで救助も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]