メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新千歳空港すり抜け

隙を突かれた形…保安体制は大丈夫か

保安検査場に長蛇の列をつくる利用客=北海道千歳市で2016年8月5日午後2時39分、日下部元美撮影

 北海道千歳市の新千歳空港で5日起きた女性客の保安検査すり抜けトラブルは、検査場の職員が現場を離れた隙(すき)を突かれた形だ。女性の意図は不明だが、そのまま飛行機に乗って離陸した可能性もある。2020年東京五輪に向け、空港でのテロ対策も大きな課題となる中、改めて保安体制の見直しが迫られる事態だ。

 国土交通省新千歳空港事務所や道警によると、女性による保安検査のすり抜けがあったのは国内線ビル「保安検査場A」。午後0時13分、検査場の職員が航空券に印刷されている二次元コードを機械にかざすよう求めると、女性は「必要があるのか」と尋ねた。職員が別の職員に相談しようと現場…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです