メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・持聖院

五輪塔、貞慶の墓か 鎌倉時代前期の高僧 

貞慶の骨を収めたとみられる蔵骨器と貞慶の肖像=奈良県三郷町の持聖院で2016年8月5日午後4時6分、皆木成実撮影

 奈良県三郷町の持聖院(旧・惣持寺=そうじじ)にある五輪塔(高さ80センチ)が、鎌倉時代前期に活躍した高僧・解脱上人貞慶(げだつしょうにんじょうけい)の墓の可能性が高いことが分かり、調査した元興寺文化財研究所(奈良市)と同院が5日、発表した。

 貞慶のものとされる墓は笠置寺(京都府笠置町)と海住山寺(同府木津川市)にもあり、持聖院の五輪塔は分骨墓とみられる。研究所は、五輪塔とそ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです