メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪柔道

「日韓の人に恩返し」優勝候補の安昌林

昨年のグランドスラム東京大会男子73キロ級決勝後、対戦した日本の秋本啓之(右)と握手を交わす安昌林=東京体育館で2015年12月5日、和田大典撮影

 【リオデジャネイロ岸達也】日本時間8日深夜に始まるリオデジャネイロ五輪の柔道男子73キロ級に、在日コリアン3世の安昌林(アン・チャンリム)(22)が韓国代表で出場する。在日コリアンの柔道選手に五輪金メダリストはいないが、安は世界ランキング1位で初の五輪を優勝候補として迎える。「日本にも韓国にも恩人がいる。だれと対戦しても勝ち抜いて、支えてくれた人に恩返ししたい」と意気込む。

 京都市で生まれ、民族学校に通った。空手道場を開く父泰範(テボム)さん(51)の勧めもあり警察署の道…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです