メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

カレーはいつから? お国柄が出る離乳食

インドの離乳食、おかゆの「キチュリー」(手前中央)とヨーグルトの「ライタ」(右手前)。奥は右からクミン、ターメリック、レッドペッパー、ムング豆=東京都品川区北品川6のアロラインド料理学院で2016年8月3日午後1時36分、稲田佳代撮影

 「インドの人はいつから子どもにカレーを食べさせるのだろう」。2年前の夏、離乳食を作りながら、そんなことを考えていた。世界に目を向ければ、日本人が驚くようなものも食べさせているのではないか。我が子の離乳は完了したが、あの頃の疑問を解消すべく、海外の離乳食事情を調べた。【生活報道部・稲田佳代】

 各国の在日外国人が先生となって家庭料理を教える「Niki’s Kitchen(ニキズキッチン)」に協力を仰ぎ、アンケートを取ってもらった。米国▽カナダ▽インドネシア▽タイ▽香港▽バングラデシュ▽インド▽ロシア▽オーストリア▽セルビア▽ハンガリーと、個別に取材した韓国をあわせ、計12カ国・地域の回答がそろった。

 出身地方や各家庭で考え方の違いがあるため、一律の基準ではないが、離乳食開始は日本と同じ4~6カ月が…

この記事は有料記事です。

残り2572文字(全文2925文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]